被相続人に債務があるかを調べるには

何もしなければマイナスの財産も相続人に継承されますので、承認するか放棄するのかを判断するためには借金の状況を知ることは大切です。

被相続人に借金があった場合、相続放棄をすれば相続人が借金を引き継ぐことは
ありません。したがって被相続人に借金があるかどうかはとても重要です。

“被相続人に債務があるかを調べるには” の詳細は »

相続のとき、借地権はどのように扱うのか

借地権も相続財産となりますので、地主の承諾や更新などの手続きがなくても相続ができます。

借地上に建物を建てて住んでいた方が亡くなった時、同居していた
家族はすぐに立ち退かなければならないのでしょうか。
“相続のとき、借地権はどのように扱うのか” の詳細は »

遺産分割協議はやり直せるのか

相続人全員の合意があれば。遺産分割協議はやり直すことができます。

相続人全員での遺産分割協議後、遺産分割協議書を作成します。
通常であれば全ての相続人が押印をして印鑑証明書の添付をします。
この一度決まった遺産分割協議を何らかの事情によりやり直すとい
うことはきるのでしょうか。
“遺産分割協議はやり直せるのか” の詳細は »

遺言書がみつかったときの手続きとは

遺品整理の最中に遺言書を発見しても、その場で開封してしまうことは厳禁です。

故人の遺品を整理していたら、思わぬところから遺言書が出てくる、
ということがあるそうです。
封筒に「遺言書」と書いてあれば思わずその場で開けて中身を確認
してしまいたくなるものですよね。
“遺言書がみつかったときの手続きとは” の詳細は »

生まれる前の胎児は相続できるのでしょうか?

生まれる前の胎児にも遺産相続は発生するのでしょうか

胎児とは母体から出生前の子供のことをいいます。
相続というのは、被相続人が死亡した瞬間に、財産が相続人に承継されるという制度ですので、
相続人は相続開始の時点において権利能力を有していないといけません

“生まれる前の胎児は相続できるのでしょうか?” の詳細は »

相続手続きの種類はこんなにもたくさんある!

お身内を亡くされると、ご相続人にはたくさんのお手続きが待っています。 お手続き漏れによる不利益を防ぐためにも、専門家へのご相談をお勧めします!

相続の手続きと聞いて、
どれくらいの種類があると思われますか??
“相続手続きの種類はこんなにもたくさんある!” の詳細は »

遺産の総額から差し引きにならないものと相続の開始

被相続人に課税される税金で被相続人の死亡後相続人などが納付又は徴収されることになった所得税などなど

次のような費用は、遺産総額から差し引く葬式費用には該当しませんので引くことは出来ません。

(1) 香典返しのためにかかった費用
“遺産の総額から差し引きにならないものと相続の開始” の詳細は »

相続税の計算方法について

相続時精算課税適用者の死亡によりその相続人が承継した相続税の納税があります

相続税の計算方法については以下のように定められています。

相続税の計算
“相続税の計算方法について” の詳細は »

相続税はなぜあるのかを考える

現在、相続税の見直しが検討されております

相続税がなぜ課されるかについては、以下の目的があるといわれています。その1:所得税の補完その2:富裕の集中排除と経済効果相続税のかかる人は次のような場合です。
“相続税はなぜあるのかを考える” の詳細は »